【略歴】
1978年 東京都生まれ
慶応義塾大学在学中にスチューデント・カウンセラーズに所属し、カウンセリングの基礎を学ぶ。
2007年に渡英後日系企業に勤め、出産を機に退職。
その後、心理学を学び、NLP(神経言語プログラミング)マスタープラクティショナーとなる。
多人種社会での勤務経験や、子育てを通して得た経験を活かしたオンラインコーチング、カウンセリングを行っています。
また、イギリスでのメンタルヘルス情報を、日本へ紹介する活動をしています。

【自己紹介】

私がイギリスに住み始めたのは2007年のこと。
その後、イギリスでの勤務経験、結婚生活、出産、子育てを通して、様々なことを経験しました。
挫折と喪失
イギリスは第二次世界大戦後に大量の移民を受け入れたため、たくさんの人種に出会う国です。
ロンドンは人種のるつぼと呼ばれるほど、様々な国から移り住んでいる、髪、肌、目の色が違う人で溢れています。

それぞれ異なるバックグランドをもった人たちは、それぞれ異なる文化や価値観をもっています。
イギリスに住み始めたころは、そんな文化や価値観の違いの壁にぶつかることばかり。

自分の価値観を覆され、存在自体を否定されるような気持ちで、どんどんと自信を失くしていき、自分のアイデンティティがわからなくなってしまったのです。

 

それは、どこに地上があるのか見当もつかない、真っ暗な海の底にいるようでした。

そんな中でNLP(神経言語プログラミング)に出会い、人間の脳の仕組みへの理解を深めながら、自分がどんなことで感動したり、または、嫌な気持ちになるのか。そして、自分の人生で本当にやりたいことなど、それまで、気が付かなった自分自身の姿を発見していきました。

海底に、やっと光が差し込んだ瞬間でした。

そして、少しずつ自信を取り戻し、周りに振り回されることなく、常に自分軸で生きられるようになっていきました。

自分の心に正直にしたがって生きることで、自分が本当にしたいことを見つけ、自分が自分の人生のかじを取ることができるようになったのです。

以前の私のように、暗闇でさまよっている方たちが、それぞれの自分軸を発見して、これからの人生をキラキラと輝いたものにするために、クライアント様の背中を押せる存在になりたいと思っています。

ミッソン慶子

 

英国✧思考改革カウンセラー

Life_Coaching_Certificate