スマホ依存を克服するには・・・

 

今日は、スマホ依存症と脳の関係についてお話します。

 

スマホ依存症は、私の住むイギリスでも大きな問題になっています。

 

そもそも、スマホのアプリなどは、人間を依存させる天才的な構造になっているので、依存してしまうのは、ある意味当たり前と言われています。

 

そこで、今日は、その他の原因について、最近発表された、とても面白い研究結果を、ご紹介します。

 

ところで、みなさんは、この世で一番おしゃべりな存在が何だか知っていますか?

 

答えは・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、私たちの脳なんですよね。

 

気づいていない人がほとんどかと思いますが、私たちは、頭の中で会話しているのです。

 

とにかく、四六時中しゃべり続けています。

 

私たちの大親友って、実は、常に私たちと一緒にいて、おしゃべりしている脳なのです。

 

大親友がずっとそばにいるのに気づいていましたか(^^;?

 

どんなに仲が良くても、たまには一人っきりになりたい!

たまには、そのおしゃべりから逃げ出したい!!

スマホを見ることで、私たちは、自分の脳のおしゃべりから避難しているというのが、今回の研究結果です。

 

なぜなら、私たちの大親友は、かなりの批判屋だから。

 

あぁ、今日はあれがうまく行かなったなぁ

とか

どうせ、あなたにはできるわけない

とか

あれも、やらなくちゃ、これもやらなくちゃ

とか

 

このセリフ、耳が痛くないですか?

脳との会話って、大抵はネガティブなことなんですよね。

 

実際の友人関係で、自分のことを批判したり、けなしてくる友だちがいたら、あなたはどうですか?

そんな人と、ずっと友だちでいたいと思いますか?

大抵の人は、そんな友だちとの友情関係は長続きさせたいと思わないですよね。

 

それなのに、私たちは、自分で自分自身に対して、そんな関係を築いてしまっているのです。

無意識のうちに・・・

 

離れたいのに、離れられない。

だから、スマホに逃げたるわけです。

 

現実世界は、自分が作り出している映像だとも言われているように、すべて自分の脳が作り出しているんです。

だから、脳という大親友があなたに対して使う言葉を、しっかりと選んで、良い映像を作れるようにするのが大切なのです。

 

お疲れさま

よく頑張ったね

すごいじゃない!

 

あなたの仲の良い友だちが、落ち込んでいるときにかけてあげる言葉を、自分自身にも、どんどん使ってあげてください。

 

そうして、脳との会話を楽しいものにしていけば、スマホに逃げることも少なくなるはず。

 

スマホに逃げる必要がなくなりますよね。

 

今日から、ぜひ自分の良いところを、いっぱい褒めて、脳との会話を楽しんでみてください♡

NLPマスターコーチ ミッソン慶子

カウンセリング内容・料金、30無料コンサルは→こちら

イギリス国内コーチングサイト Wake up Happyは→こちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です