おすすめ英国式✧子どもの叱り方

 

こんにちは!

子育て&人間関係コーチのミッソン慶子です。

 

イギリスの南西部ドーセットに家族旅行に行ってきました。

ドーセットは、ストーンヘンジを越えて、更に西に行ったところにあって、とても綺麗なところで夏を満喫してきました♪

 

さて、今日は、おすすめの子どもの叱り方についてです。

 

イギリス人が子どもを叱るときに、

今のは失礼だから、謝りなさい

というのがあります。

 

誰かに迷惑をかけるから、とか、誰々に怒られるから(これは論外だけど)ではなくて、その行為は失礼だからという判断基準。

これって、とても素敵だと思いませんか?

 

日本も礼を重んじる国民ですよね。

だけど、子どもに「それは失礼でしょ」と言う場面って、あまり見かけないなと思うんです。

そこには、子どもには失礼という概念がまだわからないと、大人が勝手に決めつけているところがあるのかなと思います。

 

それよりも、これをしたら人に迷惑をかけるから、という観点から、子どもを叱る傾向が強いと思います。

 

そういう叱り方をされ続けた子どもは、自然と他人の目を気にする大人になってしまいます。

こんなことを言ったら、したら、どう思われるかな?

そんな風に、常に他人からどう思われるのかを気にして生きる大人になってほしくないですよね。

 

だから、これから、子どもを叱るときには「それは失礼だから」という言葉を使ってみてください♪

 

NLPマスタープラクティショナー ミッソン慶子

 

カウンセリング内容・料金、お申込みは→こちら

* メルマガ登録して、他人の目を気にせずストレスフリーなイギリス人が実践している「英国式 ハッピー親子のための7つの子育て法」& 
「人生が変わる!イライラしない子育て術 7日間講座」をゲット♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です