日本人は少し不真面目になったくらいが丁度いい!?

イギリスに住み始めてからしばらくは

イギリス人や、イギリスに住む外国人のいい加減さに戸惑うことが多く、日本人がいかに真面目な国民であるかを、ひしひしと感じました。

そんな私も、イギリスに住み始めて11年。

以前は「いい加減」と感じていたテキトーさが「おおらか」だわ~と感じるようになってきています。

慣れって恐ろしい(;^_^A

郷に入っては郷に従え、所変わればで、日本の常識が世界の常識とは限らない

そんなおおらかさ(笑)に慣れてしまって、何がいい加減と感じていたのかもほとんど思い出せないけれど、『あぁ、そうなんだぁ』と衝撃を受けたことを今でも覚えている出来事。

それは、娘のバレエ教室の待ち時間を利用して、友人が働いているネイルサロンにネイルをしてもらいに行ったときのこと。

時間には余裕があるはずだったけど、終わってみたら、お迎えの時間までに教室に到着できない時間になってしまったのです。

メチャクチャ焦りました Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

慌てて、娘の友達のお母さんに、私が到着するまでのあいだ、娘と一緒に待っててもらえるようメールでお願いをしました。

ハラハラしながら、大急ぎで娘たちの元へ。

私が到着したのはレッスン終了後10分くらいで、車を駐車場に止めてから教室に向かっていると、教室の外にある遊び場で娘、娘の友達が遊んでいるのが見えたので、急いで走って三人の元へ駆け寄った私。

はぁはぁ息を切らしながら、お母さんに「ありがとー!!!」と言った私に、お母さんがひと言。「なんで走ってきたの?」

ちなみに、彼女はイギリス育ちのナイジェリア人。

まさか、そんな質問されるとは思ってもみなかったけど、改めて「なんで?」と聞かれたので、なんで走ったのか考えてみました。

私が走った理由・・・

それは・・・

お母さんに迷惑をかけちゃって申し訳ないから、誠意を見せなくちゃ!

もしかしたら、この後、予定が入っていて、急いでるかもしれないから急がなくちゃ!

よくよく考えてみると、この二つが、私の走った理由?だったみたい。

この状況だったら、だいたいの日本人は私と同じく走っていませんか?

だけど、彼女には、どうして私が走ったのか本当にわからなかったみたいです。

なんで走ったのか考えたのは後々のことで、その時はとっさに「待ってもらっちゃって申し訳ないから」と言った私に、「お願いされていいよって言ったんだから、気にすることないし、走る必要もない」と。

そう言われて、私本当に衝撃を受けたんですよね。

あぁ、そういう考え方があるのね・・

本当に目からウロコ!でした。

日本人の真面目な性格は、日本の美徳であり、戦後、他国に比べて資源がないにもかかわらず、日本が経済大国に成長できたのは、この真面目さ、勤勉さぬきでは実現しなかったと思います。

でも、もし、この美徳のせいで追い詰められて、今とても苦しい思いをしている方がいるのなら、日本の真面目さは、一たび外国に行けば「?」となってしまうこともあるということを知って欲しいです。

日本の常識は、世界の非常識!!

少しくらい不真面目になっても大丈夫!

肩の力ぬいてほしいなと思います ヾ(๑❛ ▿ ◠๑ )

Momomimo

心理カウンセラー/NLPプラクティショナー ミッソン慶子



カウンセリング内容・料金、お申込みは→こちら

メルマガ登録して、他人の目を気にせずストレスフリーなイギリス人が実践している「英国式 ハッピー親子のための7つの子育て法」をゲット♪




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です