英国式クリスマスの過ごし方

例年通り、義理両親の家に皆で集まってのクリスマスが、今年も無事に終わりました。

 

イギリスのクリスマスは街中が静寂に包まれます。

クリスマス当日に、家族や親せきの家を訪問する以外に、外を出歩いている人を見かけることは、ほとんどありません。

クリスマスに働いているのは、やむにやまれない病院、警察、消防署の方たちくらいで、みんな家族との時間を大切に過ごす習慣がいまだに残っています。

お店も、前日のイブの早い時間に閉店となり、クリスマス当日はどこも開いていないのです。

だから、イブのお店が開いているあいだに、食材からプレゼントまで、すべて買い物をし終えておかないといといけなく、結構ハラハラドキドキします。

イギリスに住み始めた頃は、なんて不便なんだろう!とショックを受けたことを覚えています。

 

でも、今ではこういったドキドキがスリリングで結構好きになっています。

いつでも、開いているからと思って、安心してしまうよりも、こういうほうがメリハリがあっていいなと思いますが、みなさんはどうですか?

そして、美味しいご馳走を食べて、プレゼントを開け、皆でゆっくりとおしゃべりしたり、ゲームをしたりして過ごすクリスマスがとても心地よくなってきている今日この頃です。

 

NLPマスターコーチ ミッソン慶子

カウンセリング内容・料金、30無料コンサルは→こちら

イギリス国内コーチングサイト Wake up Happyは→こちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です