恋愛で悩んでいる人に考えてほしいこと

若いときには、恋愛関係、異性関係の問題で多くの人が悩むかと思います。

私も、結婚前のうら若き乙女時代、心配事、ストレスといったら、恋愛のことばかり。

それ以外の問題ももちろんあったけど、恋愛がうまく行っていれば、なんとかなる!っていうタイプでした。

だから、逆に恋愛関係で問題が起こると、私にとっては、「この世の終わり」だったんですよね。

私の場合は、とにかく誠実な男性に出会えない!ということで悩み続けました。

大学生の頃から結婚願望が強く、お付き合い=結婚を前提に考える傾向にあった私。

学生の頃は、たしかに若すぎるし、私のように結婚を前提にお付き合いする人は、ほとんどいないですよね。特に男性はそういう傾向が強いと思います。

でも、社会人になったら、そんなこともないと思うんです。

ところが、私の彼、または言い寄ってくる男性は、そういう気持ちで付き合ってくれていなくて、私はこんなに真剣に考えているのに、どうして、誠実な人には出会えないのかと絶望し、自暴自棄になった時期もありました。

あぁ、若かったなぁ、私 (/ω\)

もし今の私が、あの頃の自分にアドバイスできるのであれば、こう言います。

『それは、そうだよ。

だって、あなたが自分自身に対して誠実じゃないんだもん』

お付き合いの都度いつだって真剣、相手に対して誠意をもっていたつもりの私。

でも、そもそも、なぜその男性とお付き合いすることにしたのか?

いつだって、私は相手に対して誠実だと思っていたけど、そもそも、その人と付き合うこと自体、誠実だったのかな?

誠実じゃなかった。だって、不純な動機だったもん。

もちろん、その当時の自分にはそんなつもりは微塵もなかったけど。

いわゆる良い職業の人、友達に言ったら自慢できそうな仕事についている人、見た目もいい、結局そんな感じで選んでいたのです。

その自分が作ったふるいにかかった男性を選んでいただけ。

その男性に対して私は『誠心誠意』接していた。

それなのに、相手はそこまで真剣に考えてくれていなかったという経験が続いてた。

彼らが、私の人柄、中身を見てくれていなかった。

だから、なんて私は不運なんだろうと、自分の運命を呪っていたんですよね。

じゃあ、私は、彼らの人柄、中身を見ていたのか?ってわけです。

中身なんか全然見ていなかったのは、私なんです。

結局のところ、中身はどうでもよくて、彼の外側にのみ恋していただけだった。

それって、本当は、相手に対して誠実ではなかったということですよね。

過去に付き合った彼のことを思い出してみると、私の性格に合う人は一人もいなかった。

だから、お付き合いしていたときの私は、本当の自分をさらけ出していなかった。

いつだって、その時の相手に求められているであろう自分像を演じていたなと。

でも、怖いのは、それが私なんだって思い込んで疑いもしなかったこと。

それは、自分に対しても不誠実だったということなんです。

だって、自分と合う人かどうかはそっちのけで、好きだと思い込んでいる相手との関係がうまくいくように、その人に合わせて自分を偽っていたんだもの。

今振り返ってみると、あの頃の私は、自分のことが好きではなかった

なぜなら、それは本当の自分ではなかったから

だから、今、恋愛関係の問題で苦しんでいる人は、今の自分のことを好きになれるかどうか自分自身に聞いてみてほしいなと思います。

今の自分が好き、これが本当の自分だと胸を張って言える人は、今抱えている問題も一時のもの、いずれ解決するはずです。

よくよく考えてみて、今の自分が好きになれない、自分自身が自分のことを大切にできているとは思えない。

そう思った人、多分、その恋愛は長く続かない可能性が非常に高い。

それは、本当の自分に対して誠実になれていないということだから。

自分自身に誠実になれない、大切にできない関係や状況が長く続くことはありません。

続いたとしても、どこかに無理があるということを忘れてはいけないんです。

そういう不自然な状態では、ひずみができて、いつか壊れてしまう。

関係は続いたとしても、どちらかの気持ちが壊れてしまうような状態になってしまうのです。

だから、まずは自分を好きでいられるかどうかということ。

ありのままを好きになれているかどうかが、その関係があなたにとって大切な関係なのか見極めるための指標になるのです。

恋愛に限らず、人間関係において、ある人と一緒にいるときの自分は好きになれないと感じたら、ある程度の距離をおく勇気も大切です。

Momomimo

心理カウンセラー/NLPプラクティショナー ミッソン慶子



カウンセリング内容・料金、お申込みは→こちら

メルマガ登録して、他人の目を気にせずストレスフリーなイギリス人が実践している「英国式 ハッピー親子のための7つの子育て法」をゲット♪




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です